2002年10月その4 のあ手術

28日(月)〜11月3日(日・祝)

 Brio.がソファ寝転んでいたら、突然その脚をのあ君が前脚でがっちりとホールド。そのスネを噛んでそのまま頭をツイスト。さらに両脚でキックの嵐。いたーい。これは・・?! そろそろ、のあ君の「男」に火がつきそうです。

 明け方、ふとんの足元からびりぃが進入。Brioの脚の間。暖かくて至福の瞬間。が、少しするとふとんの下でもぞもぞと動くびりぃに対して、のあが攻撃開始。こらー、人の上で喧嘩するなぁ。

秋の陽射しの中の、のあ。視線の先は・・鳥?

のあ、Yumさんのスーツケース相手に格闘
 Yumさんがほぼ一週間ぶりに帰ってきました。帰った第一声「のあ君太ったねぇ」。そうかなぁ。
 びりぃは何事?とばかりに姿勢を低くして逃げるけど、Yumさんとわかり急に可愛くなってスリスリ。甘えたかったのね。

 明け方、ふと気づくとびりぃとのあがそろってBrioの脚の間。最近にしては珍しくびりぃが上と良いポジションを取っています。Brioが風邪気味で熱があるから?
 明日はのあ君の手術。夜のごはんを食べた後、8時以降はごはんを食べられません。びりぃ君もそれに付き合い。・・が、ごはんを出すとすぐにガツガツ食べるのあ君に対して、びりぃ君はのんびり派。ちょっとつまんでは離れて、ということを繰り返す食事スタイル。付き合いのはずのびりぃ君の方がほとんど晩御飯にありつけない状況に。

 夜になってお腹がすいたと見えて、ごはん置き場にやってきて敷物の隙間に落ちている粒を無理矢理探して食べる。哀しそうにこちらを見て鳴く。あまりに可哀想なのでドライを手にとって食べさせてあげました。ゴメンね〜。はぁ〜切ない。

びりぃ、僕を置いて旅行に行かないでね・・?

のあ。僕におみやげはないの?とおみやげの袋に入って暴れる。たまたまが・・
 お腹が空いてちょっと気が立っているのか、暴れる。余計お腹が空くよ〜。

 朝、起きてみるとキッチンのゴミ箱が倒され、捨てたドライフードが転がっていました。ゴミ箱漁り。うーん。それ程残っていたわけではないのでのあ君の手術には影響なし。しかし、ゴミ箱は漁らないでくれ〜。ちょっとショックな私たち。
 Yumさんが出勤を遅らせて、朝から病院にのあ君を連れて行ってくれました。キャリーを出すと素直に入り出かける。初タクシー。

 夜もYumさんが引き取り。いったん家に帰ると久しぶりの一人の留守番にびりぃが寂しそうに現れました。いつものあ君とは格闘ばかりしているびりぃ君ですが、やはりいないのは寂しいらしい。帰ってきたYumさんにひたすら甘えます。寂しがり屋のびりぃ君です。
 のあ君の手術は無事終了。「ホントこの子はいつもどおりでしたよ〜。麻酔の切れも良かったし。すごいかわいい声を出してましたよー。」と先生談。手術の不安よりも人に甘えるほうが優先かな? そのかわいい声もびりぃと対面した途端、強気な声に。負けん気は強い。

 のあ君はあまり普段と変わらない様子で戻ってきました。びりぃ君はのあ君にちょっと気を使っている感じで追いかけたり、喧嘩を仕掛けたりもせず、静かな夜です。

明日は手術。最後のたまたまの勇姿

びりぃ、久しぶりのホットカーペットで暖まる
 時間が経つにしたがって、だんだんのあの動きが鈍くなってきました。麻酔が切れて痛みが出始めたのかな?
 夜、寝ようとするとのあ君やってきてベッドに登ってうずくまる。

 寝ていると、のあ君は痛むのか悪い夢を見ているのか「にゃーっ!」と喚く。大丈夫? 体に乗ってこようする動きをするので手伝おうとするとまた元の位置に戻って寝なおす。
 この後も一時間に一回くらい起こされました。びりぃも心配してやってきて、のあのことを舐めまわしています。気を使ってか手術跡を舐めていましたが、これはのあは嫌がっている様子。
 それでも朝起きるとひょこひょこ着いてくるのあ。問題はなさそう。
 Brioはこの日も出社。のあ君はこの日一日、ほとんどYumさんのひざの上で過ごしておりました。手術後、という事だけではなくて、急に寒くなったのもあるようだけど。びりぃも一緒にひざの上に乗ってきて、Yumさんと寒さに耐えておりました。
 夜は、やっぱりベッドに乗ってきて人の体にくっついて暖を取りながら寝るのあ君でした。

のあは、ホットカーペットよりひざの上が好き

晩秋の穏やかな日の、びりぃ
 寒い日が続き、ようやく部屋も冬支度。ホットカーペットを出して、ちょっと模様替え。すぐにでもホットカーペットの上で伸び始めるかと思ったけど、のあ君は人のぬくもりのほうが好きらしい。びりぃはまだまだこれくらいの寒さなら平気、という感じで動き回っています。暑さに弱いびりぃ、寒さに弱いのあ、かな。
 夜はいつの間にか人の上で寝ています。寝返りの打てない季節になりました。
[←Back] [↑Index] [Next→]