2002年12月その2 1st Aniv. 

9日(月)〜15日(日)

 まだ、12月上旬だと言うのに東京地方、すっかりと雪景色です。 びりぃはタワーに登って、窓の外を落ちていく雪に手を出して、手前のガラスにさえぎられます。さすがに寒いのかすぐにやめて降りてきました。
 寒いわりに、なのか、寒いから、なのか、動き回るびりぃ&のあです。
 久しぶりに寝ている人の上に乗ってきてあまえるびりぃ君でした。翌朝目覚めたらいつの間にかのあ君にすりかわっていました。あれ?

タワーから外を眺めるびりぃと、身繕いするのあ

身繕いを続けるのあ。「なんでこいつはこんなに・・・」
 お風呂場に入り込むびりぃ。最近、びりぃは風呂のふたの角を持ち上げて、バタンバタンと何回かトライするうちに開けてしまうことがあります。
 今日もいつものように風呂場からバタン、バタン・・・・・バタン、ガタン、ズシャッ!、バシャバシャ、ガタ、バシャバシャ・・・落ちた〜。落ちてパニックになっている〜、おぼれてないか〜?!と風呂場に走っていくと、ずぶ濡れのびりぃ君風呂場から出てきて目が合う。
 そして寝室へとダッシュ。きゃー乾かしてあげるから待って〜。びりぃは水に落ちたパニックを引きずっているのか、急に追いかけてきた私たちにびびったのか、怒られると思ったのか逃げ回る〜。
 休みの寒い日。寒くないようにリビングはカーテンを開けて陽射しを入れて、足元はほんのりとホットカーペットを入れているというのに、びりぃ君は寝室のベッドの上で昼寝をしています。のあ君は人がそばにいるほうがいいらしく、寒いPC小部屋の窓際のダンボールの上で丸まっています。のあ君の病気以来、外出時もほんのり付けっぱなしにしているホットカーペットもあまり意味はないのかも・・。
そーっと降りる、びりぃ

じゃますんな〜、とタワーの上下でケンカ勃発
 猫の「ももちゃん」に会いに行くために、東西線で千葉方面のO家へ。ももちゃんはちょっと警戒していたみたいだけど、すぐに慣れて遊びまくっていました。でもなぜか抱っこをすると「しゃー」。うーん。でもかわいい「しゃー」なのね。
 ももちゃんはモップの柄が嫌いで、なぜかそれに向かっても「しゃーっ」、猫パンチをします。不思議だぁ。ナニがそんなに恐いの?
 楽しい旦那さんのおいしいイタリア料理で楽しみました。
 22日の忘年会で、サプライズで送別会と結婚祝いをやるので、準備。クス玉の製作に3名が夜やってきました。
 意外な事にのあ君がちょっと人見知り。うーん成長してきたかなぁ。人数が多いのがイヤなのかな。さらに意外な事に、びりぃ君はいつも程は人見知りをせずに、どこかに隠れる事もなく姿を見せています。そして、案の定、クス玉の材料のキラキラモールで遊んで作業の邪魔をする。
 帰れなくなったので、3人ともお泊りです。和室に合宿状態で敷かれた布団に興奮気味のびりぃ&のあ。布団の上で暴れまくる。

合宿状態で興奮気味のびりぃ(奥)&のあ(手前)

うちに来て一年。今日も元気にご飯を食べます。
 びりぃ君が来て15日で丸一年。
 一年前と同じように良く晴れた日でリビングはポカポカしています。こんな日差しの中を、不安げに鳴きながら歩き回っていたびりぃ君の小さい姿を昨日の事のように思い出します。私たちも猫のことがあまり分からず、床の匂いを嗅ぐたびに位置を教えるために何度もトイレに連れて行ったりしていました。
 昨日の事のように思い出すけど、びりぃとはもう何年も一緒にいるような気がします。本当にありがとうね、びりぃ君。
 夜、Yumさんが寝るときに寝室に抱っこして連れて行くとそのまま布団にはいるびりぃ。そのまましばらくの間、Yumさんの腕枕でねるびりぃ。至福のひと時。30分位してBrioさんがベッドに入ってきたら出て行ってしまいましたが、一周年の良い思い出になりました。
そしてこれが約一年前のご飯を食べるびりぃ。食器が大きく見える。
(2001/12撮影)
[←Back] [↑Index] [Next→]