2003年8月その3 留守番 2003夏

18日(月)〜24日(日)

可愛く見上げるのあ君
ドコ行くのぉ?

 ひさしぶりにYumさんの実家へ。びりぃとのあはお留守番。今までで最長の3泊4日。大丈夫?
 今年はずっと天気が悪く暑くならない夏でしたが、今週はようやく暑くなるとの事。びりぃ達が暑さでダウンしても困るので弱めにエアコンをつけて出かける。お留守番ヨロシクね。仲良く事故のないようにすごすんだよ。
 さびしそうに見送ってくれるびりぃ。

洗面所を見廻り中、びりぃ
ハンドソープをくんくん

 留守の間はシッターさんがゴハンとトイレ掃除と様子を見に来てくれます。シッターさんへのメモや料金等をテーブルの上に置いて出かけます。

 当日、シッターさんが来たところ、テーブルの上はキレイに片付いて・・??すっかりとテーブルの上から全ての物が落ちていたらしい。リビングのラグも和室のゴザもめくれ上がったすごい状態。絶好調に暴れまくりのびりぃ&のあ

 2日目、さすがに私達が帰らない異常事態に気づいたのかそれほど暴れた様子もなく・・・

 3日目、もう帰ってこないことに開き直ったのか、再び暴れだしてラグもめくれ上がった状態。


食休みで砂かけびりぃ(左)と、食べ続けるのあ(右)
お留守番のご褒美ゴハン

 今まで、このシッターさんにだけは、姿を見せていたびりぃ君も今回は連日ベッドの下に潜り込み様子をうかがっていた模様。だんだん人見知りが激しくなっていく。本当は甘えたがり屋なのに、なかなか素直になれないようです。シッターさんはベッドの下で光るびりぃの目だけを確認。

 でも食事は毎日完食、トイレも好調との事だったので、元気に過ごしたようです。
 (留守中の様子はシッターさんのメモより抜粋・再構成)

欲求不満でラグをグシャグシャ、のあ君
ラグをグシャグシャに

 私達の帰宅。元気かな〜、そーっとドアを開ける。ただいま〜。のあ君ダッシュでやってきて玄関でゴローン。んー、元気だった! 私達の声を確認したのか、リビングの方からいまだかつて聞いたことの無いような大声で鳴くびりぃ。ゴメンよ〜、寂しかった??

 一通りスキンシップをして落ち着いたのあ君。これに対して、ひたすら鳴きわめき続けるびりぃ。風呂のドアの前に行ってわめき、扉を開けると風呂のふたを持ち上げ、あっさりとふたを開ける。そしてそのまま風呂の水を飲もうとする。イヤそれは旅行前からの貯まっている水だよ、やめようよ、と強制的に連れ出して洗面所の水を飲ますものの落ち着かず。

 結局私達はシャワーで済ませていたのに、ワザワザ浴槽を洗って、底に1cmほど水を貯めた状態で開放。中に入り込んで足が濡れるのを気にせずに水を飲み始めるびりぃ。ようやく帰宅後一時間以上続いたびりぃの大声も落ち着きました。


日光浴、びりぃ(奥)と、のあ(手前)
ソファで落ち着く

 朝、タイマーで炊いた私達のご飯。ふとみると、炊飯器の蓋が開いている。そしてご飯はボソボソのまま炊き上がっている、というか生煮え。とても食べられたものではありません。昨日の夜にびりぃとのあが暴れているうちに炊飯器の蓋が開いてしまったらしい。んもー!
 農家の皆様ごめんなさい。とても食べられたものではなかったので捨ててしまいました。

すえ氏と遊ぶのあ君。なまっちろい腕ですが男です
おやつの合間。すえ氏と遊ぶ

 すえ氏が、中古PCを持ってやってくる。棚の下の物陰に隠れるびりぃ。のあは、といえば、見慣れぬ箱に興味津々。さらには梱包の発泡スチロールを噛もうとする。ダメー。
 ちなみにすえ氏は化学屋さんなので「スチロールはちょっと食べるくらいなら死なないよ」との事。でも毒性があろうが、なかろうが、気管やノド、腸に詰まったら一緒なのでダメです。