2004年1月その3 のあ2歳

21日(水)〜31日(土)

しょーちゃんの手から水を飲む、びりぃ
しょーちゃんに水をもらう
 今週は寒い日が続きます。北の方では大雪が降っているようですし、東京でも午後7時ごろには気温4℃を下回って更に強風。家の中が少し寒いです。

 土曜の未明より、日帰りでスキー/スノボへ行きます。途中でのピックアップが難しいしょーちゃんがウチに来ました。
 私たちと一緒に帰ったからかどうかは分からないけれど、のあはモチロンびりぃもほとんど警戒なし。良く来て遊んでくれるから覚えたかな? しょーちゃんが洗面台にいるときにびりぃがやってきた。水を飲みたいらしかったので、蛇口に手をかざしてもらって水を飲むびりぃ。正月のシッターさん以来、私たち以外から水を飲ませてもらう事にすっかり慣れています。
 羽根やオモチャで遊んでもらって満足した様子。ただ、私達のバタバタぶりには少々不審感も漂っているような・・。
 夜は早めの就寝。のあ君がしばらくしょーちゃんと一緒にお休み。重くなかった?
 朝2時過ぎには起床。不機嫌そうなびりぃ&のあ。二人並んでベッドの上で座っています。バタバタと準備をして出かける。途中で知人の車に乗り換え、更に人を拾って水上宝台樹へ。
 ここ数日の寒波による大雪、そして今日は快晴、と絶好のスキー/スノボ日和。少々気温が低くて寒かったけど、風は弱かったし、昼に雪が溶ける事も無かったし、夕方には再び雪が締まって滑りやすくなるし。といい事ずくめ。帰りに温泉によって帰途へ。なぜか関越に渋滞もなくすっきりと帰ってきました。都内だけはムダな工事のため混んでいたのが誤算でしたが・・。

 帰りが遅くなり少々ご不満の様子のびりぃ&のあ。それでも夜寝ると甘えてベッドにやってきてそのまま一緒に寝ました。
後ろ脚が枕の、のあ(左)、前脚が枕の、びりぃ(右)
すねて一緒に眠る。丸まり方も特徴があります
Yumさんの脚に甘えるのあ(左)、びりぃ(右)
コタツの中のYumさんの脚で温まる
 30日はのあ君の誕生日。2歳になりました。
 が、今日は今更ながら新年会があるので帰りが遅くなります。新年会にナカポン参上。なんでも前日会社で徹夜ということで飲んでいる最中に、どんどんテンションが上がる。そして2次会・・・電池が切れたようです。「レモンサワー」とオーダーを出した後、微動だにしません。
 しょうがないのでタクシーに抱え込みウチへ。ほとんど意識がないまま、なんとか歩くナカポン。ウチにつくと和室に倒れこんで不動。普段は人が来るととりあえず隠れるびりぃも全く動かない「それ」が何なのか理解できないようで、恐る恐る見ている。
 翌朝、ナカポンも起き出す。少々遠巻きに見ているびりぃ達。昨日動かなかったものが動いているのが不思議?
 家に戻って一日遅れの、のあ君バースディご飯。鶏のささ身。鳥インフルエンザ騒ぎも少し気になりますが・・・。
 今日は生肉の状態でまず食べやすいサイズに切断。その後にレンジで暖め、それを冷まして出しました。そんな調理中にものあ君興奮。「早く食べさせて〜」と鳴いて近寄ってきます。なかなか調理の済まない鶏肉にじれてきたのか、だんだん声も大きく・・・最後には声がかすれてわめいています。
鶏肉イッキ。のあ(左)、びりぃ(右)
ガツガツ
満足、のあ
のあ、一気に完食
 出してあげればいつもと同じ。びりぃ&のあが一斉に食べ始める。「息つく間もなし」という言葉がぴったりと合う状況。
 びりぃがお皿半分食べ終えたところで中断。それを見たのあは、自分の皿を食べるのを中断して、びりぃの皿を食べつくす。
 食べつくした、と思った途端、自分の皿に戻り、更に食べ続け一気に完食。
 しばらくしてびりぃが戻ってきて皿に何も無いのを見て寂しそうにこちらを見る。次はびりぃの誕生日だね。びりぃが一気に食べられる量づつ出す事にするよ。
 
もう落ちてないかな?びりぃ
もうないの?
[←Back] [↑Index] [Next→]