2004年3月その1 放物線

1日(月)〜10日(水)

のあ(手前)に目の前を横切られるびりぃ(陰)
ごはんまだ〜?
 2月の終わりは妙に暖かかったというのに、3月に入って東京では雪が降っていて妙に寒いです。でも、びりぃはベッドにやってこないで、すっかりと衣装ケースの上のダンボールに納まることにしたようです。さみしー!

 私たちがテレビを見ていると、リビングで妙にびりぃが警戒モード。コタツに向いて不審そうな態度。コタツの中から何か動くものが?(って私たちの脚が動くか、のあが潜っているくらいですが) 警戒しながらソロソロと近寄ってくるびりぃ。突然、のあがコタツ布団から顔を出したのに驚き、びりぃジャンプで逃げる。高さで90cm位、水平距離も90cm位。しかも空中で乱れる事もなく安定した姿勢でキレイな放物線を描き着地。しかも「後ろ向き」で。
 もう一回やって〜
 A新聞の販売店が希望者に配布している犬猫オーナー向けの小冊子に、お世話になっているシッターさんの記事が載っている、しかもお世話をしている猫という事でのあ君の写真も使われている、という事で探していたのですが、なぜかうちもA新聞なのに販売店はよく分からない事を言っていてダメ。いろいろと知人・友人をあたったものの見つからず、「そうだ!」という事で実家が利用している販売店に勝手に電話をしたらありました! ということで預かっていてもらったので今日は受け取りに行きます。 びっくり顔のあ
びっくり顔
鏡の前でポーズ。びりぃ
鏡の前
 Brioソファに座ると、待ってましたとばかりにのあがゆっくりと歩いてきて当然のようにひざの上に納まる。ソファにいる間はヒザに乗っても良いと思っているようです。でも実はのあがいる間は、落ちないようにひざを閉じ続けるのが辛かったりします。最近、何かのテレビでヒザを閉じている事は体のバランスを保つのに良い、ということをやっていました。確かにそうかも。Brioの体、パッと見て分かるくらい左右の肩の高さが違ってたのですが、最近は改善されています。
 さて、びりぃは、というとあまり甘えてくる事はありません。もうすっかりと大人で甘えるなんて事をしない・・・というわけではなくて、寝室に行ってベッドに座っているとやってきてしばらくの間、腿の上を歩いたりヒザの上に丸くなったりしながら、ひたすら頭を腕などにこすり付けてゴロゴロと言いながら甘えます。メチャメチャかわいいのです。でも、この時にのあが来ても甘えるのを中断。Yumさんが来ても甘えるのを中断。どうやら甘えん坊状態のところを他の人には見られたくない、「ええかっこしぃ」なのかも。もちろんYumさんにも同じように甘えますが、その場にBrioが行くと何もなかったようにこちらに歩いてきます。どうしてかなぁ。ってことはのあと二人きりのときもベタベタなのだろうか? むっちり、のあ
むくむく
びりぃ(右)&のあ(左)
タワーで仲良く記念写真
 帰りは会社の人たちと4人で映画を観に行く。
 終了後、新宿のペンギンがいる居酒屋で飲む。Yumさんが「ペンギンが散歩する」というような情報を仕入れていましたがその気配なし。お店の人に確認したら、『はぁ?何言ってんの?』みたいな顔で軽く「しません」と言われてしまいました。
 そんな感じで、遅くなって帰宅。急に暖かくなったので夜ベッドには乗ってこないかと思いましたが、のあはやっぱりまだ乗ってきております。
[←Back] [↑Index] [Next→]