びりぃ☆the☆CATと仲間たち

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

コレじゃないよ その1
2017-06-25

気づいたら1月以来の更新。うーん、サボりすぎ。下書きは幾つかはあるんですが。

bn170625a.jpg

びりぃの看病から見送り以降、のあはカリカリだけのゴハンに戻る事はなく、パウチに入ったウェットの「セレクトプロテイン」+カリカリを食べ続ける。お医者様いわく「マズいんですけどね」だけど、気に入っているのなら問題はない。
カロリー的にも高いので、助かる。

3月の終わりの朝、いつものように療法食を出すと、いつものようにやってきてゴハンの匂いを嗅いで....「コレじゃないよ」という顔をして私の顔を見てくる。
どうしたの? 様子を見ていると不満な様子なまま歩いて、カリカリを食べ始める。

ちょうど一箱食べ終えて、新しい箱から出したパウチだったので、もしかして製造ロットが悪かった?それとも製品の仕様変更?などと考えたり。
念のため、新たなパウチから出したけど、やはり「コレじゃないよ」の顔。

外出時間が迫っていたので、パウチまるまる2個分と、カリカリを多めに出して外出。
帰宅したら、全く食べた形跡のない療法食が乾いて変色。カリカリは食べているけど、絶対的な量は明らかに不足で心配。

仕方がないので手元にあった缶を出す。総合栄養食ではないので、これだけではダメだけど、空腹はしのげるかな。
代わりのウェットを探したけど、1gあたり約1kcalのウェットゴハンなんて、なかなか無いよね。

2~3日後、ふと手元の缶を療法食に混ぜたら食べるかな、と思って出してみる。何の疑問も感じてないようで、ムシャムシャ食べる。ちょっと食事代上がるけど、これならOKかな。


更に数日後、缶ゴハンを混ぜずに出したら、そのまま食べる。元に戻って良かった。

しかし、のあは何が気に入らなかったのだろう。


15
2017-01-31

初めての猫、びりぃと暮すことを決めた時、ふと「猫の寿命ってどれくらい何だろう?」と思って調べたら、家猫だと15歳くらいという数字が出てきました。もちろん20年以上生きる猫も不思議ではないけれど、この15歳という数字が何となく頭に残っていました。

びりぃは約14歳9ヶ月で息を引き取ったので、15歳には届かなかったけれど、彼の人生(猫生)が充実していたのなら良いのかな、と思っています。「充実した猫生を送らせる事ができました」と胸を張って言える自信はないですが。


昨日1月30日で、のあは15歳の誕生日を迎えました。何かホッとした部分もあってやはり素直に嬉しい。

誕生日には、久しぶりにささみの蒸し鶏。びりぃの看病で、びりぃが食欲がない時に良く作っていたもので、久しぶりに作ったら、しんみりしたけれど、元気なのあに出したので少しは前に進めるかな、と言う感じです。

のあ、いつもありがとうね。君のストレートな感情表現と、時々やらかす事にいつも癒されてます。
時々、というか、良く顔に爪を立てるのはちょっと困るけど。長生きしてね。
bn170131a.jpg

ごはん、一気に食べるのでほとんどの写真が、のあの頭が食器の中に埋もれてしまった。


2016年末
2016-12-31

2016年は、びりぃが生きていた最後の年。
旅立ってもう半年以上が過ぎてしまいましたが...

びりぃが亡くなった時に、シッターさんに言われた「びりぃ君には、そばにいる人を安心させる力がある」という言葉を頂いたけど、それは以前から私も分かっていた事。
他の人から明確に言っていただけたので、私自身も意識して過去を思い出したりしてますが、やはり、びりぃは特別な子だなと、つくづく思う年末です。
そんなエネルギーを持った猫でした。

(もちろん、のあも特別な子。びりぃとは違うけれど、それはそれぞれの猫の個性だから。のあには、周りを明るくさせるエネルギーがあります。)

2016年は、びりぃの事、仕事の事を含めて、私にとってつらい年となりました。
7年前、私にとっては唯一と言っていいほどの大親友が亡くなった年の年末、「今年はクソみたいな年だった」と言っていたのを思い出しますが、何故か今年はそう思いません。
びりぃが頑張って最後の一瞬まで、びりぃらしく生きた事を誇りに思うし。それを看取れた事は良かったと思っています。

びりぃが生きていた最後の愛おしい年が2016年、大切な年です。

2017年も、心のどこかにびりぃから受けたエネルギーを感じながら、もっと前向きに進んでいければと思っています。


通院中
2016-12-08

8月から、のあの健康診断を定期的にという事で、3ヶ月後の11月に病院へ。

体重が少し落ちているので、点滴に薬を入れて実施。
特に病気という事ではないですが、先生が今後何かの病気をした時のために基礎データを取っておきたい、との事で、年内は2~3週間毎に病院に行って、様子を見て同様に点滴を打つことにしました。

...が、のあは同意をしていないようで、今まで以上に病院を嫌がる。
診察台に出したら、私が床に降ろそうとして手に持っていたキャリーの中に直接飛び込もうとしたり。
昔から病院は好きではないけど、診察台の上では大人しかったし、帰る時には逆にキャリーに戻るのも嫌がる感じでしたが、今はキャリーを出すとあっという間に入り込んでます。

見ている私もちょっとツラいけど、のあの健康を考えての事だから許してね。

2016/12/04の体重:4.38kg 僅かに減少かな
bn161208a.jpg

もう病院行きたくないという感じの、のあ。本当は眠いだけ。
でも、このポーズ、以前はびりぃしかしなかったポーズなんだけどな。


冬の寒さ対策
2016-12-02

ご無沙汰しています。
びりぃ本人(本猫)が不在の誕生日を過ぎたら、それまでの集中力ふっと完全に切れて、すっかり更新が遅れてしまいました。

今年は暑い日がいつまでも続いている、と思ったら突然寒くなり慌ててコタツを引っ張り出しました。
びりぃが一緒だった去年までは、寒い日は身を寄せ合ったり、暖かくなれば離れたりで調整してたと思うと、今年は気楽にはできないなぁ、とちょっと緊張感。

日中の暖房はホットカーペットの上に電気を入れないコタツが置いてある状態。最大で使っても600W程度なので、普段は100Wあるかな、という使用電力。
ただ点けっぱなしだと8時間で電源が自動で切れるので、24時間タイマーをセットして昼の暖かい時間以外は、数時間に一度10分間ほど電源OFFにして、その後ONとなるように設定してます。
最近は少ないスイッチをガシっと切り替えるタイプなので助かってます。
でも、ちょっと甘やかし過ぎかな、と思ったり。

bn161202a.jpg


おまけ:購入した24Hタイマー。デジタル式なので、アナログ式のようにモーター音が一切しないのが良いところ。でもアナログ式のほうが直感的に設定できるかも。
メーカーのREVEX(リーベックス)は、私も聞いたことがなかったですが、調べてみたらホームセキュリティ機器などの会社のようです。性能的・安全性では、まあ大丈夫かな、という個人的な印象。




のあのジャンプ
2016-09-21

若い頃、のあは、びりぃに比べて高い所に登れていたのですが、この数年は全然登れなくなっています。
びりぃが闘病で体重が4kgを割って明らかに体力落ちていても、びりぃの方がちゃんとジャンプはできてたり。

なので、のあの水場である洗面所にも直接登れなくなったので、台を用意してたり。
キッチンにもテーブルにも直接登れないので、ぐるっと迂回して、ソファー→テーブル→カウンターを経由してキッチンにやってくる。

しかし洗面所やキッチンより高い押し入れには登れる。。。
とは言え、押し入れに入る姿も随分前から見られず。そんなに体力落ちてないはずなのになぁ。。

ちなみに私の観察の範囲では、
・元々、びりぃとのあにジャンプ力の差はあまりない。
・びりぃは基本的に高い所に登る時は、後ろ脚が乗るように飛ぶ(前脚は軽く身体を持ち上げるだけ)
・のあは、ジャンプして前脚を掛かてよじ登る(びりぃはそこまでして登らない)。
・なので、のあが若い頃、高い所に登れたのは前脚の分の差。
という感じ。

高い所に登れなくなったのは、肉球が滑るようになったからかな、と思っています。
なので、爪の掛かりやすい押し入れには登れる。

若い頃は失敗してもなんでも猪突猛進型の、のあでしたが、最近は失敗するとしばらくは再チャレンジしません。
自分に自信を無くしちゃうのかな。「やればできる」と修造っぽい言葉を掛けちゃったりしてますが。。。

そんな感じで、実際にはこの数ヶ月押し入れに登る姿も見れず。
先日書いた通り来客時に久しぶりに押入れに登った。と、思ったら、また上らなくなり。あの時はお客様から距離を置くために無理矢理登ったのかなぁ。

でも、この一週間ほどの間に数回押し入れに入る姿が見れるようになりました。
元気が少し復活したような感じで嬉しい。
bn160921a.jpg

びりぃが亡くなり、今日は3ヶ月目の月命日。
のあと共にに、まだまだ生きていかねば、ね。びりぃ、ゆっくり待っててね。


9月19日
2016-09-19

9月19日。私の大切な、びりぃの誕生日。
15年前の今日、仕事の最中にブリーダーさんのBBSでの出産の実況で「産まれました」という文章を見てワクワクドキドキしていたのを思い出しました。
それから3ヶ月後に、我が家に来て素敵で大切な家族となりました。

生きていれば、と齢を数える事にはあまり意味はありませんが、素敵な命がこの日に産まれて出会えた事を感謝する日と思っています。
ずーっと、ずーっと、びりぃに「ありがとう」と声をかけ続けている日々です。

明後日で天に召されて3ヶ月。
この文章を打ちながら、涙をボロボロ流している私を空から見て、びりぃは呆れているかな。

今日は、びりぃの好きなヨーグルトと、チーズ、缶のゴハン、びりぃが亡くなった時に元会社の後輩から頂いた自然派ゴハンをお供えして、誕生日をお祝いしました。

びりぃの事を覚えていてくれる人が一人でも多くいてくれると嬉しいな、と思う。

bn160919a.jpg


写真は、4月26日のびりぃ。体重はもうかなり落ちていて4kgを割ってたけど、写真ではそれほど目立たないかな。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |