びりぃ☆the☆CATと仲間たち

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |

2016ゴールデンウィーク3
2016-05-03

昨日、5月2日は、のあが家にやって来た日。あれからもう14年も経つんだ、と思った。
生後3ヶ月の小さい体でやって来て、びりぃ(当時7ヶ月半)に負けずにご飯を食べて、トイレをしてたのあを思い出す。後ろで、びりぃが不機嫌そうだったなぁ。
あんなに小さかったのに、今ではこんな感じ。って無防備な寝姿はうちに来た当時からそんなに変わらないけど(体のサイズは除く)。
bn160503a.jpg

来て一週間くらいは、びりぃVSのあのドタバタに落ち着かない日々だったけど、あっという間に馴染んで、仲良くなって、でもケンカしまくり。それは今でもかな、
そして、今も結構ベタベタしてる事が多かったり。
bn160503b.jpg

なんか懐かしいな、、という事で、のあの昔の写真でも。うちに来て半月(5/18)の写真。のあの顔って、すごく可愛い時と、なんかブサイク顔になる事があって面白いですが、これは2枚目顔。
bn160503c.jpg


2016ゴールデンウィーク2
2016-05-01

4/30。びりぃに朝5時頃に起こされる。少し相手をして2度寝。
で、目を覚ましたら9時前。そろそろ起きなきゃ、と思ったけれど、びりぃが私の胸の上で気持ち良さそうに香箱組んで寝ているので、なんか幸せな気持ちになり、気づいたら3度寝に突入。
次に気づいたのは12時前。最近定期的に通っている、びりぃの通院だったのですが完全に寝坊。びりぃの戦略?私自身も疲れてたかな?
昼過ぎに起きて、休養優先のGW2日目でした。
bn160501a.jpg


写真は、人の布団の上で寝起き状態の、のあ&びりぃ(の後ろの布団のふくらみの中身は私です)。


2016 ゴールデンウィーク1
2016-04-29

今年のゴールデンウィークは、会社から合間の平日も休日扱いとなったため10連休。
元々予定が入れづらい状況ではあったけど、数少ない予定も事情によりキャンセルしたので、のんびり過ごす予定。

自分自身が、昔から常々直面している問題の関連の本を読んだり、少々遅れてる仕事がらみの勉強をしてます。
とは言いつつ、多分大半はノンビリとびりぃ&のあと過ごします。びりぃの吐き気や体重の件も落ち着かないですし

あとは掃除や、いろいろな整理も進めたいところ

BN160429a.jpg


さすがにコタツに入る事は無くなったけど、まだまだ日向は大好きなびりぃ。
日が少し高くなって狭くなった日向部分にきっちりと収まってます。


春なのにまだ寒い?
2016-04-26

相変わらず、カリカリはほぼ止めて、缶または手作りごはんとなってます(カロリー不足になるので、調整用のカリカリは出してあります)

鳥ささみ、時々もも肉やむね肉。単純にレンジでチンしたり、蒸し鶏にしたり。
手をかけたりするより、単純にレンジでチンして冷ましたものが好きなのでやや悲しい。

前回も書いた通り、飽きたのか食いつきが悪かったりしますが、放置しておくといつの間にか食べてるので、1食分の間は出しっぱなしにしてあります。
食べてくれる事自体が嬉しいけれど、この先の季節はあまり生ものを放置するのも怖いしなぁ、とか悩みどころ。

なんやかんやで、朝も夜もバタバタとしてあまり自分の事をする時間がないです。まあ仕方がない状況。
BN160426a.jpg

夜は寒いのか、べったりな、びりぃ&のあ。ちなみに下にある水色の物体は部屋着の私の脚(汗


ごはんを作る2
2016-04-19

前回のタイトルに「1」を入れた以上、最低限「2」は書かないと、という事で「2」です

鮭のホイル焼。
1. 前回同様、にんじんと白菜の葉を茹でてみじん切りに。
2. アルミホイルの上に1を載せ、その上に鮭の切り身。みりんを極少量(必要なのかは分からない)
3. で、普通にホイル焼き。
4. 熱を覚ました後に、細かくほぐす。

注意:塩鮭は使わないこと


「ごはんを作る」とかタイトルつけてるけど、考えてみれば全然たいした話じゃないですね。
猫ごはんの基本は塩は入れない ≒ 味付けしないな訳で、簡単。

ちなみにこの鮭のホイル焼きに関しては、今まで鮭を食べた事のない、びりぃ&のあにしてみたら食事として認識できなかったようで、匂いだけ嗅いで終了(T-T)
ドライや缶など以外だと鶏肉がメインだったからかな。

捨てるのも勿体無いので適当に塩を掛けて、私の方で食べさせて頂きました。まあ、味付けとか避けなきゃいけない素材(ネギなど)がなければ人と共有できるので良いかな、と。


ちなみに、蒸し鶏とかも作ってみた。鶏なので食べる。食べるけど、、、飽きた?? 3日目から匂いだけ嗅いで、スルー。悲しい。その度に私が食べるわけですが、猫が食べやすいように刻んでいるので、なんだかな、と。
あまり細かいものはスープにして飲んでたり。

猫達のゴハンを作っていたら、単に自分向けの料理の知識だけが増えた、というのが結論でした(ただし、味付けは除く)。

BN160419a.jpg

手作りが良いか悪いかはともかくとして、できるまでに時間が掛かるのがご不満のようで、ウロウロするびりぃ&のあ


ごはんを作る1
2016-04-17

もうそれなりの齢ではあるので、カリカリばかりというのも、と思いつつ、でも多くの缶ごはんは一般食。これだけでは栄養が偏る。一部モンプチなどでは総合栄養食もあるけれど、びりぃものあも割りと食にはワガママというか保守的で。
ウェットを出せば何でも食べるよ~、という人もいるけれど、特にびりぃはパウチ物は、ほぼ食べない。

子猫の頃から、ささみを食べさせる事はあるけどね。料理というよりはチンして、冷まして、刻んでという感じ。
猫は肉食だけど、肉だけ食べていれば良い、という事もなくて、野生のネコ科動物は草食動物の内臓から植物系のモノを摂っている、との事です。

ネットを探すと、何点か出てきますね。見てみると、生姜とかで味付けてますがびりぃ&のあが食べるとは思えんなぁ。
ちなみにCookPadにも、一部にネコ用のレシピがあったりします。


そんな訳で、参考にしつつスタート。

まずは、やはりササミから。

材料:
・ササミ一切れ 60~70gくらい?
・人参 一かけら
・白菜 極少量

1. 人参を薄っぺらく切って茹でる。一緒に白菜も。ダシかコンソメで軽く風味をつけるも良し(塩分過多に注意)
2. ササミをレンジでチン。大体1分くらい?
3. ササミを冷まして、食べやすいサイズに切る、または、ちぎる。
4. 1の人参および白菜の葉を細かく切る(1mm角位、というかみじん切り
5. 3と4を混ぜる

以上。

野菜類あると嫌がりそうだな、と思いつつ、ささみの魅力に負けたのか食べてました。
さすがに人参や白菜だけを食べる事はないので、少しずつ慣らすのが良いかな、と。

写真は・・・取り敢えず食べちゃいました。


でも、数日で飽きた模様 (/_;)

記事タイトルは「ご飯を作る」でなんやかんや書いたけれど、ご飯を作ったとは言えないか。しかも昔からやっている事に野菜が加わっただけ出し。

まあ、CookPadのレシピにも、それは料理じゃないだろ的なのもあるのでヨシとしておこう。
BN160417a.jpg

大あくび


頑張らねば、ね
2016-03-25

びりぃの嘔吐、一時は少し落ち着いたように感じましたが、その後は再び悪化。

随分と前から、びりぃの体を撫でると、背骨の形が分かるほど痩せてきています。
数日前の家の体重計での測定では遂に4kgを切ってしまった模様(3.9kg)。最盛期の2/3未満かぁ。

それでも、キッチンには何の苦もなく登れる。昔に比べれば幅の狭いところを歩く時に多少ヨタつくかなぁ、という程度。

私自身が、結構アバウトになったところ、相変わらず甘えさせているところもあって反省中です。アバウトさ、甘えさせが無ければ良い方向になるかというと、そうでもない気はするけど。

もう少し、体重が復活してくれれば。いや、せめて維持できれば、と思っているところ。

のあは、冬の間に体重が少し復活。と言っても維持をしつつ、微増くらいかな。見た目にも一時期よりはふっくら感があります。これは嬉しい兆候。冬毛から換毛したら痩せて見えそうだけど。
なんか、私もついつい気持ちが負けそうになるけれど、頑張らないとね。後で、あれを、これを、やっておけば良かったと後悔しないようにしないと。

記事のタイトルは、自分に向けて、です。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |